TopBuzz│投稿する動画の「質」と「量」について考える

TopBuzzで収益をあげるには動画を投稿しなければ始まりませんが、果たしてその動画の質と量、どちらが重要かってことについて書きたいと思います。

結論から申し上げますと、僕の場合「質=3」「量=7」くらいの考え方でやってます。

動画の「質」について考える

YouTubeやTwitterから動画を拾ってくるわけですが、ただやみくもに投稿しまくれば良いのかと言うとそういう訳ではないように思います。「質の良い動画」を定義するのは難しいですが、やはりTopBuzzアプリユーザーが目にして新鮮な感動、新鮮な驚き、新鮮な笑い等を提供できる動画は好まれる傾向にあるようです。

「新鮮」って、なにも最新の動画って意味ではなく、ユーザーにとって初見である必要もなく、言わば「いつ見ても新鮮な気持ちで見られる動画」、「古いものを久々に目にして逆に新鮮な気持ちになれる動画」って意味で捉えてください。(分かりにくいか…汗)

「質の良い動画」は、公開してすぐに再生回数が伸びなくても、徐々に伸びてきたり、公開して数週間後にいきなりバズったりする傾向にあります。また、一度バズると何週間も延々と再生回数を稼いでくれます。こういった動画はシェアされて拡散される傾向も強く、息長く再生されるようです。

一方、適当に「投稿数稼ぎ」で投稿した動画は何週間たっても露出回数も再生回数も伸びなかったりします。(後述しますが、適当に投稿してもバスることはあります)

と言うことで、投稿する動画の「質」を考えながらチョイスされてみても良いと思います。

投稿する「量」について考える

やはり「量」は大切です。「質」より間違いなく大切です。

ただ、一日に何本投稿すれば良いとか、何本以下はダメとか、そういったことには縛られない方が良いと思います。そりゃ一日中ずっとTopBuzzに時間をかければものすごい量の動画を投稿できるでしょうけど、それはかなりの苦痛、苦行になるはずです。このブログのテーマである「簡単に稼ぐ」とはかけ離れてしまいます。(もちろん一日中作業する時間があって苦痛でも苦行でもないわ!って場合は投稿しまくるべきです)

そして前述の通り、「投稿数稼ぎ」の為に適当に投稿した動画が思いもよらぬバズり方をしたりします。これは「量」あってのことです。

僕の場合、一日に集中して投稿に費やす時間は30分~1時間ほど、あとは本業の隙間に数本投稿したりで毎日15~30本程度を投稿しています。この程度だとストレスにはなりません。週末など時間がある時はもう一頑張することもありますが、逆にサボって全然投稿しない日もあります。(が、今のところ「ゼロ投稿」って日はありません)

と、言うことで

なるべく投稿作業に追われることなく、ノンストレスでやれる最大数を投稿してみてください。生活環境やTopBuzzにかける情熱は人それぞれなので、一概に数を決めることはできませんが、とにかく「量」を増やせば収益も増えることは間違いないと思います。

「ムリして頑張り過ぎて飽きてしまった」ってのが最悪のパターンです。無理なく可能な範囲で継続してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする